Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ottoia2.blog40.fc2.com/tb.php/12-2ff572f7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

秋葉原が積極的に自主規制している、件について

 さてさて、相変わらず盛り上がってますねぇ、「児童ポルノ法改正」問題(*1)。

 遅ればせながら、私も一枚ここで噛んでおきたいと思います。
 きっかけは、この記事。

  Tmedia 「児童ポルノ法改正」に潜む危険

 基本的には、日本ユニセフ協会が提示した「児童ポルノ改正案」の問題点を指摘したもので、
いわば、萌え文化やエロゲーを、擁護する内容。
 書かれている文面も、ほとんど肯けるものばかりです。

 でも、1箇所だけ、首を傾げてしまった部分がありました。
 それが、これ。

>>日本ユニセフ協会のサイトにある「子供ポルノ日本の現状」と題されたスライドショーには、
>>イメージ映像として秋葉原の昭和通りの画像が使われている。
>>要するに、アキバの店頭などで見かける扇情的なアニメ画なども一掃したいと考えているの
>>だろう。

>>確かに店頭の萌え絵は、ある日一線を越えた時があったように思う。
>>正確には記憶していないが、おそらく2002年か03年ぐらいのことだったか。
>>それまでもいわゆる萌え絵看板は存在したが、ぱんつが見えているものはなかったように思う。
>>しかしその日筆者は、初めてばんつが見えている萌え絵看板を目撃した。
>>たぶんそのあたりを境にして、なんとなく表現が解禁になっていったように思う。

>>しかしそういうものは、何も児童ポルノ法をいじくらなくても、
>>猥褻物陳列罪(刑法題第百七十五条 わいせつ物頒布等)で取り締まれる範囲である。
>>店側もどっちみち18禁で売るわけだから、入店を年齢制限しているはずであり、その中で
>>展示すれば済む話である。



 要するに2002年~2003年を境に、秋葉原各店頭に飾られている看板・展示物の性的表現が、
エスカレートしてしまった。自衛のためにも、それら破廉恥な展示物は止めるべきだ。
 ……という、お話だと思いますが。

 これは、オカシイ。
 実は、秋葉原各店舗は、2004年2005年に発覚したとある事件をきっかけに、すでに自主規制を敷いている
はずなのです。

 規制のきっかけは、この人の結婚発表↓
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E6%B8%85%E5%AD%90

 つまり「皇族様が暮らすことになる町に、性的表現があふれてるなんて許せねー」
 という、意見が当時出まして。
 警視庁の要請のもと、秋葉原の各店舗は、一般道から見える範囲に、
そういうケシカラン類の看板を置くのを、自粛することにしたんですね。(*2)
 その始まりが、2004年の冬2005年(*3)のことだったのです。

 なお、その規制は徹底してまして。
 たとえば、とあるPS2用ゲームソフトの販促用に貼られた、「水着の女の子の等身大ポスター」さえも、
規制がはじまった初日に撤去さてしまったと記憶しています。

 だから現在の秋葉原では、その手の店に入らない限りパンチラさえ拝むことができません。(*4)



 まぁ、そういうことで。
 あまり知られてないけど、秋葉原はちゃんとゾーンニング=自主規制をしている。
 ということを、各店舗になり代わって、私がご説明しておきます。

 う~ん、この辺りは、秋葉原ももっと声を大にして主張した方がいいと、私は思うんですがねぇ。(*5)
 今、萌え文化は、最大級の危機を迎えてるんですし。



-----------------------------------------------------------------------------

 *1 児童ポルノ法改正問題
 日本ユニセフ協会が中心となって、児童ポルノを撲滅しようというキャンペーンを開始。
 それに端を発する、問題のこと。
 彼らの訴えによると、児童ポルノは所持するだけで違法。
 また、二次元創作上で表現してもアウトにするべきなんだそうな。


 *2 ケシカラン類の看板を置くのを、自主規制することにした
 ただし大人の事情で、表向き、「秋葉原は小学生の通学路になってるから」という理由になって
います。


 *3 2004年の冬2005年
 つまり件の婚約発表を追う形で。


 *4 パンチラさえ拝むことができない
 ホントにそうか? とも思ったので、実際に秋葉原に足を運んで調べて来ました。

 結論、やっぱりパンチラ、ひとつマトモにねぇ。

 ただし、一店舗だけ問題がありそうなポスターを貼っていました。
 それが、これ。



おぱんちゅ


ナリカのおぱんちゅ……(ノ∀`)
(3月下旬、アソビットシティ裏で撮影)


 ……下着としてのパンツと、『見せパン』は違うということなのでしょうか?
 まぁ、この作品の場合、くのいち=エロ戦士のコスチュームを見せてナンボでしょうからねぇ。
 自粛するにしても、どこまでOKで、どこまでダメなのか?
 なかなかに、判断が難しいトコロなのかもしれません。


 *5 秋葉原ももっと声を大にして主張した方がいい
 ……っていうか、萌え文化を擁護する記事を書いてくれる人さえ、
 『昨今のアキバの店はエロイ』という、間違った先入観を持っていたわけですし。


 追記。
 記事に記憶違いで書いてしまった部分があったので、修正しました。
 秋葉原が自主規制を始めた時期は、2004年ではなく、2005年からだったようです。

-----------------------------------------------------------------------------

 なお、『知ったか鰤』では、
 こちらのHPでも、もっと過激なお題目で書き散らしています(年齢認証あり)。
 お暇な時にでも、ぜひこちらにもお立ち寄りください。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ottoia2.blog40.fc2.com/tb.php/12-2ff572f7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

オットイア

Author:オットイア
美少女ゲームのシナリオライター4年生。
担当作品で「このゲーム、喘ぎ声ばかりですね」と声優さんに言われなかった試しのない、真症のエロ番長。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。